おすすめの副業フリーランス&副業ハンドメイド販売&通販

ドライフラワーの保存方法と長く楽しむためのポイントを紹介!【趣味と副業】

[本記事にはプロモーションが含まれています]

【pick up!】 女性に大人気!楽しみながら稼げる副業「美容モニター」
▼「超ラッキー」無料の電話説明会に参加するだけで謝礼がもらえる「美容モニター」

ハンドメイドで作ったり、贈られたドライフラワー。
大切に長く保存しておきたいですね。

ドライフラワーは乾燥しているので、長持ちすると思われがちですが、実はそのまま飾っているだけでは劣化が早まってしまうこともあります。

この記事では、大切なドライフラワーの保存方法、長く楽しむためのポイントやおすすめアイテムなどを紹介します。

ドライフラワーを保存するときの注意点

ドライフラワーを長くキレイな状態で楽しむために、特に気を付ける点は以下の4つです。

ドライフラワーを保存すると時に気を付けることは?

  • 直射日光
  • 湿気
  • ほこり
  • 虫(シバンムシなど)

それぞれ説明していきます。

直射日光は色あせの原因

ドライフラワー保存のポイント(その1
直射日光の当たらない場所に飾る

直射日光にあたるとドライフラワーの花は色あせてしまいます。

ドライフラワーを飾って保存する場合は、日光の当たらない場所を選ぶようにしましょう。

湿気はカビの原因

ドライフラワー保存のポイント(その2
湿気のある場所は避ける

湿気があると、カビが生えてしまう原因になり、見た目も悪くなります。

一度カビがはえてしまったドライフラワーは、回復が難しく残念ながら処分するしかありません。

カビや色あせを防ぐためには「湿気が少なく直射日光の当たらない風通しのよい場所」が最適です。

ホコリはカビや汚れ原因

ドライフラワー保存のポイント(その3
ホコリはこまめに掃除する

ドライフラワーについたホコリは湿気を含んでカビの原因となります。
またホコリを放置すると取れにくくなってしまうので注意が必要です。

こまめにチェックして、ホコリをドライヤーの風で飛ばすなどのお手入れを心がけましょう。

害虫の発生に注意

ドライフラワー保存のポイント(その4
害虫の発生に注意する

ドライフラワーなどの乾燥したものには「シバンムシ」という害虫が発生することがあります。

シバンムシが発生するとドライフラワーを食べてボロボロにしてしまうので常に注意が必要です。

万が一「シバンムシ」を見つけたらすぐに対策を取りましょう。

【こちらもCHECK】▼
シバンムシの予防法や対策はこちらの記事で詳しく紹介しています

ドライフラワーの保存方法

それではこれからドライフラワーを長持ちさせる保存方法を紹介します。
目的にあわせて保存方法を選択してください。

フラワーボトルやハーバリウムを作る

ドライフラワーの保存方法(その1
フラワーボトルやハーバリウムを作る

ドライフラワーを、見て楽しみながら永く保存したいという場合は、透明な瓶や保存ケースに入れて飾っておく方法がおすすめです。

手軽に出来ておすすめなのは、フラワーボトルやハーバリウムを作る方法です。

フラワーボトルは、シリカゲルを適量入れた瓶にドライフラワーを詰めたものです。

ハーバリウムは、瓶にドライフラワーを入れてオイルで満たしたものです。

フラワーボトルやハーバリウムはとても簡単に作れて、ドライフラワーの天敵の湿気やほこり、虫対策も万全です。
直射日光の当たらない場所に飾りましょう。

劣化や色あせも少なく、ドライフラワーを楽しみながら長持ちさせたい時はやはり密閉するのがおすすめです。

【こちらもCHECK】▼
ハーバリウムの作り方はこちらで詳しく解説しています

衣装ケースでシッカリ保管する

ドライフラワーの保存方法(その2
衣装ケースを利用する

たまに見て楽しむだけでいい場合は、衣装ケースなどに除湿剤・防虫剤と一緒にドライフラワーを入れて保存するのがおすすめです。

除湿剤は玄関やクローゼットに置くような除湿剤、防虫剤は衣類用の物で大丈夫です。

衣装ケースは容量が大きいので、かさばりがちなドライフラワーも余裕をもって収納することができます。
衣装ケースはクローゼットや押し入れなど、直射日光が当たらないところに置きましょう。

【pick up!】 月30万も可能!「今、女性にも人気の高額副業」

高時給で人気の家事代行

自宅でできるコールセンター

ドライフラワーにおすすめのアイテム

さらに、ドライフラワーを長持ちさせるおすすめのアイテムを紹介します。

色あせ・型崩れ防止スプレー

ドライフラワーの保存におすすめアイテム(その1
色あせ・型崩れ防止スプレー

そのままドライフラワーを飾る場合は、時がたつと花が色落ちしたり形が崩れたりしがちですが、このスプレーをかけておくことで、色落ちや型崩れを防ぐことができます。

ドライフラワー専用の虫除けスプレー

ドライフラワーの保存におすすめアイテム(その2
ドライフラワー専用虫除けスプレー

ドライフラワー専用の防虫スプレーも販売されているので、手軽に虫湧き防止として使用できます。

防虫効果のほかに、静電気防止もしてくれるので、ほこり防止にも役立ちます。

ドライフラワーを飾る時には事前にスプレーしておくと「シバンムシ」などの繁殖を防ぐことができます。

まとめ

この記事では、大切なドライフラワーの保存方法、長く楽しむためのポイントやおすすめアイテムなどを紹介しました。

ドライフラワーを長く保存するポイントは以下の対策をしっかりとることです。

  • 直射日光
  • 湿気
  • ほこり
  • 虫(シバンムシなど)

ドライフラワーの劣化の原因となる直射日光・湿気・ほこり・害虫を避けて保存することで、大切なドライフラワーを長く楽しむ事が出来ます。

そしてこの天敵を遠ざけるためには、

■フラワーボトルやハーバリウムを作る
■衣装ケースでシッカリ保存する

などの方法があります。

お気に入りのドライフラワーを少しでも長く楽しむために、今回紹介した「ドライフラワーの保存方法」をぜひ参考にしてください。

【こちらもCHECK】
要注意!ドライフラワーの天敵シバンムシ

【pick up!】不労所得!?ただ無料登録するだけで3,200円相当のポイントがもらえる!

サクッと登録!iPhone利用者はこちら▼
サクッと登録!Android利用者はこちら▼
タイトルとURLをコピーしました